枚方市の光善寺で歯医者をお探しなら|東中振に根付く歯医者さん。虫歯治療からホワイトニング、小児歯科までご相談ください

〒573-0093 大阪府枚方市東中振2-11-12

ホームページを見たとお伝えください TEL.072-834-2045
EPARK歯科 ネット予約受付中

歯周病

EPARK歯科 ネット予約受付中 smile aid

口臭がする 歯が動く 歯ぐきが腫れる

歯周病治療の基本は歯のクリーニング

歯周病の最大の原因は細菌が作り出すプラークです。
このプラークを放ったらかしにしておくと、歯石になります。

歯周病治療において一番重要な事はプラークと歯石を徹底的に口腔内から除去して清潔な状態を維持する事です。
歯の表面に付着したプラークは歯磨きなどで除去する事ができますが歯肉溝・歯周ポケットに蓄積された歯石は歯科医師もしくは歯科衛生士でなければ完全に除去する事ができません。

歯科医院に行ってプラーク、歯石を除去する「スケーリング(歯石除去)」や歯周病の原因になる細菌を除去する「PMTC」を歯科医院で行うことも歯周病進行の予防になります。また、主治医の先生や担当衛生士さんに正しいブラッシング法を指導してもらい、「歯周病の予防=歯周病の治療」という認識を持っていただいて、常に歯を清潔な状態にしておくことも大事です。

歯周病の原因

歯周病の最大の原因は細菌が作り出すプラークです。
このプラークを放ったらかしにしておくと、歯石になります。

歯周病治療において一番重要な事はプラークと歯石を徹底的に口腔内から除去して清潔な状態を維持する事です。

歯の表面に付着したプラークは歯磨きなどで除去する事ができますが歯肉溝・歯周ポケットに蓄積された歯石は歯科医師もしくは歯科衛生士でなければ完全に除去する事ができません。

歯科医院に行ってプラーク、歯石を除去する「スケーリング(歯石除去)」や歯周病の原因になる細菌を除去する「PMTC」を歯科医院で行うことも歯周病進行の予防になります。また、主治医の先生や担当衛生士さんに正しいブラッシング法を指導してもらい、「歯周病の予防=歯周病の治療」という認識を持っていただいて、常に歯を清潔な状態にしておくことも大事です。

歯周病の進行段階

第一段階 歯周炎

歯周病の初期の段階におこる症状です。まず細菌が歯の表面や歯周ポケットに定着します。
この細菌が原因で歯肉が炎症をおこします。そして「歯肉炎」になります。
さらに、歯肉炎が進行して歯周組織が破壊されます。これが「歯周炎」です。

第二段階 軽度の歯周炎から中度歯周炎

歯周炎になると、普段は密着している歯と歯肉の間に「歯周ポケット(歯周溝)」という溝ができます。歯周病の原因となる悪玉菌は光が届かなく空気が少ない暗闇を好む傾向があります。
「歯周ポケット」は悪玉菌が好むような場所になっていて、その中に悪玉菌が溜まってゆきお互いに協力し合いながらプラークや歯石を形成します。それと同時に有害物質も放出します。

第三段階 中度から重度歯周炎

悪玉菌が「歯周ポケット」内で放出する有害物質が歯ぐきの炎症を引き起こします。
そして槽骨を溶解し、口臭を発生させます。

歯周病になると「歯ぐきが腫れる」「歯ぐきから血・膿が出る」「歯が動く」などの症状が出ます。重度の歯周病になると「口が臭くなります」予防して未然に歯周病を防ぎましょう。当院での歯周病治療は治療により症状が安定したら、定期的にメンテナンスを行っております。

治療の流れ

1.診査

(a)歯周検査
歯周ポケットの深さ、出血の有無、動揺度等
(b)レントゲン撮影
(c)口腔内写真撮影
(d)歯形を採り石こう模型で診査

2.カウンセリング
3.初期治療

※歯こう歯石を除去、噛み合わせの調整、場合により抗菌剤を投薬することもあります。

4.再評価

※初期治療の効果をチェック

5.治癒不良なら歯周外科へと本格治療へ移行します。
Page Topへ戻る